優 希WINの教育システム

教育コーチング+完全個別指導を取り入れ、能力と真の学力を伸ばす。

それぞれの「夢・目標・目的・学習法」を明らかにして、
マンツーマン1対1で向き合い、
確かなコミュニケーションスキルを駆使し、
目標達成までサポートしていくのが「教育コーチング」です。

目に見える学力だけにとらわれず、
「人間力」を培うことを第一主義とする優 希WINでは一人ひとりのやる気を引き出し、
自主性を伸ばしていく「教育コーチング・アクティブ・ラーニング」にいち早く取り組み、
「個」を高める指導・サポートを実践して目標達成をリードしていきます。

教育コーチング認定校

未来系 アクティブラーニング

21世紀の教育メソッドとして次世代社会を生き抜く力、一人ひとりの主体的知的能力を育てる双方向型コミュニケーション指導が基本スタイルとして注目されている。
子供たちが学習内容を深く理解しライフプランを通じてアクティブに学び続けられる能力の開発、
つまり未知の状況にも対応できる『思考力・判断力・表現力等の育成・開発に向けた教育プロセス』である。
優 希WINでは、その導入を積極的に推進していきます。

COACHING

指導システム

単なる知識の詰め込みではなく未来を切り拓く自立した人間育成に重点を置き、
高い意欲形成からトップレベルの学力形成につなげる指導を目指しています。

優希WINの指導システム6つのポイント

授業システム=基本+応用

POINT1

地域唯一の1教科100分授業

効果的に集中して学べる50分+50分の1教科100分授業を採用しています。前半Before授業の50分では基本・復習・学校準拠学習を、後半After授業の50分では応用・現学習内容・予習を徹底することで確実な学力向上につなげます。また、英語では学校準拠指導と高学力(実力)形成を峻別して指導。理科では基本公式のマスター徹底とハイレベル問題の解決・トレーニングを実施。

POINT2

講師育成システムで
トップレベルの学力をリード

講師陣のコーチ研修システムを導入し、21世紀リーダー論・認知心理学(TA)授業技術論を取り入れ、「教えるだけの指導」から「目標達成コーチング指導」をしていきます。さらに受験対策指導として合格突破ゼミなどの「グループゼミ」をくわえ、合格力を格段に上げる徹底学習をしています。

POINT3

定期テスト・実力テストに
強くなる!

中間・期末などの定期テストや実力テストの前にテスト対策授業を実施。テスト範囲のポイントを押さえた授業や、集中対策指導(無料)を行います※。

※詳細は別途、別紙案内、教室内の掲示などをご覧ください。

POINT4

入試・受験対策も
ハイレベルリード!

中学・高校・大学受験に関して、目標設定からリードして志望校別合格プログラムをもとに指導して、栄光のゴールへ確実にリードしていきます

POINT5

特別講習・企画ゼミで
さらに学力アップ!

学力向上・定着を目指し、学校の長期休暇を利用した特別講習を実施。生徒一人ひとりに合わせたオーダーメイドカリキュラムと指導管理システムで高い学習効果を生み出します。

POINT6

できるまで徹底的に指導!

教えるだけの指導でなく、間違えた内容を完全にマスターするため1教科1冊の専用レビューノートを作成。整理→演習→チェック→解き直しを徹底し、学力向上と実行力確率を実現します。

独自学力向上システムCtt−pac

独自学力向上システムCtt−pac

「教えるだけの指導」(T=ティーチング)から、「目標達成指導」(Ctt-pac指導システム)へ地域唯一の100分(50分×2)指導で、目標達成へリードし、優秀な成績を創り出す指導を実現。
学力アップだけでなく、メンタル面や真剣に取り組む学習姿勢を育てます。

自立性・主体性を磨く担任制個別指導システム

自立性・主体性を磨く担任制個別指導システム

Plan(計画)…目的・計画性を上げ
Do(實行する)…基本から応用問題をトレーニング
Check(評価する)…ミス誤りの発見から分析・解析を進め
Action(改善する)…理解・定着へ至る

Teaching…わかりやすい指導
Review…できなかったところを復習
Retry…もう1回、最初から再トライ
Remaster…さらなるチェックで完全習得

速読英語SE〈Speed english〉

速読英語SE〈Speed english〉

大きな社会変革に伴うグローバル化が急速に進んでいく中で、今、学生のグローバル対応力を徹底的に強化し、推進する「スーパーグローバル大学事業」が開始されています。
今の中学生・高校生が社会で活躍するころの社会はどう変わっているでしょうか。日常の会話だけでなく、「メール」「企画書」「契約書」等あらゆる場面で、英語が必要となっている可能性があります。その意味で、この「速読英語SE]は英文を速く読むだけでなく、英語を学び・読むことへの喜びを子どもたちが感じて、英語が好きになっていけば、未来の可能性が広がっていきます。

SUPPORT

サポートシステム

優希WIN独自のサポートシステムが学習環境を整え、学ぶ姿勢を支援します。

サポートシステム

優希WIN独自のサポートシステム

目標達成へダブルサポート

目標達成へダブルサポート

教務リーダーと担当講師との2人がお子様をしっかりサポート.教務リーダーが質の高い授業を提供することで、一人ひとりの目標達成のサポートを。担当講師は会員生徒と随時2者懇談を行い、問題解決をサポート。またレビューシステムによる学習習慣の定着を図ります。

メールを使った万全の安全対策

メールを使った万全の安全対策

会員の安全規範向上のため、入退室をメールで確認。電話やメールでの質問も受け付ける他、当校からの連絡や情報も定期的に発信します。

欠席時も安心のフォローアップ

欠席時も安心のフォローアップ

授業を欠席しても、今後の指導内容確認とフォローアップについて担任講師が電話で連絡。次回の授業もスムーズに受講できます。

集中力を高める学習環境を整備

集中力を高める学習環境を整備

生徒が集中力を高め、より快適に学べるよう、座席指定を採用し、学習環境に配慮。空気浄化効果のあるマイナスイオン装置も設置しています。

学習経過をデータで管理

学習経過をデータで管理

担当スタッフが出席・HW・テスト結果や指導ポイントをまとめて記録管理。保護者への報告のほか教育相談や3者面談等にも活用し、家庭とのコミュニケーションを図ります。

カウンセリングでメンタルサポート

カウンセリングで
メンタルサポート

進学時の適切な指導を行うために担任講師が一人ひとりに面談指導を実施。目標についてヒアリングしながら、進学情報や対策学習法などのアドバイスを行います。

オーダーメイドプログラム

私たち優希は、「教科指導力」に加え、「リーダーシップ力」「目標達成コーチング」「カウンセリング」といった
バランスの取れた指導で、価値ある個別指導を提供していきます。

  1. 1

    現在の単元別学力診断

    現在の単元別学力診断

    現学力を判定・チェックしながら、
    6ヵ月後に目標達成していくことを目指し、
    月間個別プログラムを作成していきます。

  2. 2

    高学力形成プログラム

    高学力形成プログラム

    月間学習テーマ/課題を明確にして学習指導・チェック・マスター指導をしていきます。

  3. 3

    学習進度・学習量

    学習進度・学習量

    目標達成に必要な学習量・内容を理解・
    マスターするために、家庭学習の方法・量・
    質について提案・管理していきます。