考える力

2018/11/23


〇挨拶

来週の火曜日、11/27は2018年の冬季講習の申込締
切日です。事前にどの教科で何を達成していくかを
必ず決めていこう。また、悩んでいる会員は必ずコ
ーチに相談すること。その際、漠然と聞くのではな
く、「自分が何を達成したいか、そのために自分は
どうすべきと考えているのか」自分の考えを伝える
こと。最善の結果には最善の準備が必要不可欠。最
高の準備をしていこう。


〇「考える力」は「疑う力」

授業の中で何回か会員に話したことがあるのですが
、私の中学時代の数学の点数はそれはひどいもので
した。特に中学校に入ってすぐの小学校の復習のテ
ストの点数に関しては、今数学が苦手だと感じてい
る会員に話しても、「え・・・」といったリアクシ
ョンを受けます。

当時の担任から「お前は考える努力をしていない」
と喝を入れられたことがあります。点数の事もあり
仕方がないという気持ちもありましたが、これを言
われてとても悔しかったのを覚えています。

数学の学習を始める前には必ず、その単元で使うべ
き公式を確認して例題に則った回答を心がけていた
ため、そんなことを言われるとは夢にも思っていな
かったのです。

その後、大学生になって教授に「本当に考える力の
ある奴は、教科書に書いてあることでさえも疑って
かかる」と言われました。中学校時代の担任の言葉
の意味がようやくわかった気がします。

教科書に持っている内容が間違っていたらそれは大
変な問題です。しかし、だからと言ってその内容を
鵜呑みにするのは「理解した」ことにはなりません
。自分のイメージや、予想と違うのなら何が違うの
か、本当に自分は間違っているのかを、自分の納得
がいくまで調べる。このような学習方法が考える力
を鍛えるのには必要不可欠です。

例えば、高校数学の公式では、ある条件を満たして
いる時だけ適用されるものがあります。この時、た
だそれを飲み込むのではなく、「では、条件外では
どのようになるのか。別の公式があるのか、それと
も完全に不規則になるのか。」などと考えるだけで
も、理解度は一つ上のレベルになるはずです。

歴史なら、ある出来事がある年に起こったことを覚
える際に、「どうして前の年や次の年ではなく、こ
の年なのか」まで考えて、理由づけていくことでよ
り一層記憶に残りやすくなるはずです。

当たり前こそ疑う。これを徹底していき、考える力
を鍛えていこう。


BY MIURA KATSURA