第一印象

2018/05/10

1525959400685

〇挨拶
みなさん、こんにちは。本日誕生日を迎えました、坂村です。
「誕生日で “おめでとう” と言われるのがうれしいのは何歳まで?」という素朴な疑問を持ち調べてみると、、、


30歳前後で分かれる人が多いみたいです。
自分は22歳まではうれしかった記憶がありますが、それ以降は大人にどんどんなっていくプレッシャーを感じ、
若いままでいたいなと思ったものです。


イチロー選手のように「年齢なんて関係ない」というところを目指してみようと思います。



〇第一印象で決まるは本当か
みなさんは初めて出会う人にどのように接していますか?
あるアメリカの心理学者は初対面の際、見た目や表情といった視覚情報が大切だと説いています。
一度ついてしまった印象はなかなか変えられません。



これは見た目以外にも当てはまるのではないでしょうか。


例えば、「勉強ができる」という印象を持たれた人がいるとします。
おそらく実際の結果が良かったり、勉強を頑張っている姿を示したり、
必ず何か学習において「プラス的」な印象を与えているからでしょう。



そういう印象があれば、実際にそういう素質があるということに加え、
周りからそういう評価を受けているため、イメージ通りの振る舞いが違和感なくできます。


普段学習しない人が、いきなり学習して「どうしたの?」と言われるように、
持たれている印象によって評価は大きく変わります。


つまり、普段から「あの人は学習を頑張る人だ」という印象を持たれていれば、
学習を頑張ることが自然になるわけです。
イメージ通りの振る舞いはストレスを感じにくいと考えます。




ですから、これからテストを迎えるみなさんは
「あいつはできるやつだ」と思われるような成績が残せるよう取り組んでみてはいかがでしょう。
一度ついた印象はなかなか消えません。
一度頑張ってしまえば、周りからのイメージも手伝って、そういうことが当たり前という思考に変わります。


1年の定期テストのスタートを、今までと違う自分を作り出すチャンスととらえ、
思い切って新しい印象を周りに与えてみましょう。
そしてそのイメージのまま1年間過ごしていきましょう。


さあ、テスト直前の人も、テストが6月に控えている人も明日から、いや今日から、いや今から!
ここ優希WINで新しい自分を作る第1歩を踏みだしていきましょう!


By Toshiki Sakamura