高等部古典読解

2018/02/10

P1000481

 

〇挨拶

台湾地震 福井の大雪 等 自然の力は 定期的に 人間を襲います。自然との共生は 永遠のテーマであり 課題であり どう向き合うかを 会員一人ひとり 真剣に考えていこう。

〇 高等部古典読解

□ 説話 一般的な民間伝承 + 仏教関係の伝承

今昔物語集 古本説話集 発心集 閑居友 今物語 宇治拾遺物語 十訓抄 古今著聞集 沙石集 御伽草子

□ 「 今は昔(昔 中頃 近頃 )で始まり  文末に「けり」が付く形が多い

□ ラスト に まとめ が来る

 

よくある内容

□ 仏教の霊験談をあげて 仏道のありがたみを説く

□ すばらしい求道者 歌人 施政者の話

□ 不思議な体験談

□ 有名な人物の回想記

※ すばらしい和歌を詠んだために願いがかなうという 歌徳説話 も多い

□ 物語

作り物   竹取物語 宇津保物語 落窪物語 源氏物語 狭衣物語 堤中納言物語 夜の寝覚 住吉物語

歴史物語  栄華物語  大鏡 今鏡 増鏡    軍記物語 平家物語 太平記

近世小説  世間胸算用 春雨物語 雨月物語

 

歌物語  → 伊勢物語 大和物語 平中物語

最初に和歌をチェックし 和歌と本文の同じ部分を比較しながら 読解する

 

大鏡 今鏡 無名草子 ( 語り手がいる物語 )

「語り手」登場 主語のない心情語 謙譲語 の主語は語り手(私)が多い

 

□日記

□ 作者 が登場

□ 主語のない心情語 謙譲語 の主語は語り手(私)

助動詞 「き」の主語は作者 「けり」の主語は他人

□ 和歌にも注意。日記は一種の歌集

和歌と本文の同じ部分を比較しながら 読解する

 

□随筆  日記 + 主張

□ 日記と同じように読解するが 「主張」の部分に注目

係結び・当然 「べし」・断定「なり」・願望「なむ ばや がな」

 

BY ATSUSHI OHTANI