自由研究に歴史の人物を!

2018/08/02

〇挨拶

 夏期講習も中盤戦に入り 宿郷校 受験会員は 日増しに V学習の会員が増えるなど 活気を感じます。
目標達成に向けて STEP BY STEP !


〇『 我々の運命は 我々自身が決めるのだ 』
ウィリアム・シェイクスピア   ( 1564 ― 1616 )  イギリス 劇作・演劇界の神

イギリス そして 世界を代表する劇作家であり 『ロミオとジュリエット』 『ハムレット』などで知られる。人間心理を観察する力は群を抜いており 心理描写より 英国文学最高の作家と呼ばれている。
  
  人生は自分が決めていく。人生という名のストーリーを描くのは 自分自身である。人は 青春期に多くの人に刺激を受けながら 将来ビジョンについて悩み 葛藤する。その中で 人生の目標・目的を見出し 人生観を形成します。どんな人に成りたいのか。どんなことをして 社会貢献していくのか。10代という輝く時期に 常に考えながら 夢実現に向けて 失敗を恐れず 困難に立ち向かい 成長していこう。


  『 自分で 間違えに気付いたら 直ちに1歩を踏み出すべし  』
西郷 隆盛   ( 1828 ― 1877 )  薩摩( 現在 鹿児島 )の大英雄 

薩摩藩のリーダーとして 1866年 薩長同盟を締結して江戸幕府を倒す。1868年 幕臣:勝海舟と会談して 江戸を救う。新政府の中心として活躍するが 朝鮮との国交関係をめぐり 親友である大久保利通と対立して 政府を去り 1877年 西南戦争に敗れ 自決する。    

  「 間違いを改めるとき それに気付いたら 直ぐに 1歩踏み出すことが重要だ 」。西郷隆盛の信念である。自ら 失敗やミスに気付ければ その瞬間に反省して 目標達成のために前進を開始することで 未来を創るため 全力を尽くすことを主張している。また 西郷は 「 何度も悔しい思いをして 志が固まる 」とも言い 成功する人は 決意が固く あきらめない人であるとも言う。未来を見すえて 覚悟を持ち 失敗を越えて 前進しよう。


『 天は人の上に人をつくらず 人の下に人をつくらず  』
福沢諭吉   ( 1835 ― 1901 )  思想家 慶応大学創始者 

西洋思想を広め 日本教育 思想の近代化 を民間から支えた慶応大学創設者。若き日の福沢は 好奇心旺盛で 蘭学 英学 剣術を学び 1860年 勝海舟率いる咸臨丸で渡米 以後 3回に渡り 西洋を経験する。    

  『学問のすすめ』の中で 『学問に 老若男女 貧富の差はなく 学ぶことで自分自身を成長させることができる点で 平等であり 努力した人間だけが 自立し 社会に貢献することができる』 と説き 自立した国民一人ひとりが文明の担い手になると信じる。学問を生かして リーダーとして 垂範率先。社会に貢献していく人間を育てる 福沢の精神が 慶応の原点である。学習を通して 自分を磨いて 社会に貢献できる人間になろう。


BY ATSUSHI OHTANI