伝記を読もう!

2018/05/12

〇挨拶

  5月に入り 肌寒い日が続いています。一方で 高等部 及び 東高附属中・宇短附中・海星女子学院中の会員は 目前に
 迫る定期テストに 持てる力のすべてを注入して 2018年度 初定期と対決するための準備を着々と進めています。
  90以上 そして 満点へのチャレンジ。 最後まで 戦い抜こう。




〇伝記から学ぶ   ー若者よ 大志を抱き 困難を乗り越え 歴史を築け 今こそ読もう 世界の偉人伝 ー   

「 日本人の若者に聞きました 印象に残る伝記 BEST 10」 ( 朝日新聞 )
  1位 野口英世     1876-1928   世界的な細菌学者。貧困家庭に育ち 黄熱病や梅毒を研究。
  2位 ヘレンケラー   1880-1968   目・耳・口が不自由ながら 社会福祉に尽力。奇跡の人。
  3位 キュリー夫人   1867-1934   放射線研究。ノーベル物理学 化学賞を受賞。



  4位 エジソン      1847-1931   1,300以上の発明。「天才とは1%のひらめきと99%の努力」
  5位 アンネ・フランク 1929-1945   「アンネの日記」を執筆。ナチスの迫害に最期まで抵抗した。
  6位 坂本龍馬     1836-1867   薩長連合成立に尽力。海援隊を率い 維新に貢献した。
  7位 ナイチンゲール 1820-1910   看護師。戦争に従事し 献身的な看護を行った。
  8位 マザー・テレサ  1910-1997   インドで貧民のために活動。ノーベル平和賞受賞。



  9位 伊能忠敬     1745-1818    50代から測量を志し 17年かけ 実測日本地図を完成。
 10位 ガンジー   1869-1948  インド独立運動リーダー。非暴力・不服従主義を貫いた。

 

志を抱き 現実の厚い壁に何度もはね返されながら 困難に立ち向かい 未来を切り拓いた世界の偉人は
私達に 生きる勇気を与え 他者に貢献することの素晴らしさを教えてくれます。

ランキングを見ると 野口英世 ヘレンケラー等 逆境に置かれながら 不屈の闘志で夢を実現し 一般の人々に愛と希望を与えた人物が並びます。また 坂本龍馬やガンジーは 母国の行く末を真剣に考え 自分の命を未来の国のために燃や
したのです。私達 日本人は 本質的に 他者に貢献する人物の生き方に感動・共感することを示していると言えます。言いかえれば 私達の体に 他者貢献を喜びとするDNAが流れているのです。  




 いつの時代も 人々は 未来に希望を持ち 逆境に立ち向うため 一致団結し 国難に向かい合っています。 今こそ 伝記を読み 高い志と困難に挑む精神を学ぶ時で す。世界の偉人の生き方にふれ 自分自身を成長させ 高い価値観を身につけることを期待します。



  BY ATSUSHI OHTANI